主婦がドラッグストアの薬剤師のアルバイト求人に応募して働いた話

時給がいいドラッグストア、しばらくはこのまま続けてみようと思います

薬剤師求人プラス薬剤師の求人・転職・アルバイト

次に私の仕事の内容を細かく教えてもらった後、レジ打ちの経験がないので少し練習をさせて頂きました。
1時間ほど練習したおかげか、レジ打ちは一通りできるようになりました。
時間が午後4時になったので、明日の午前9時に必ず来ますと店長に伝えて家に帰りました。
次の日の午前9時、ドラッグストアの薬品コーナーに来た私は、薬品の消費期限をチェックしていきました。
古い商品があった時は、セール品にしてもいいですよと店長が言っていたので頑張って探しました。
消毒薬と胃腸薬のいくつかをセール品の所に置くと、店長がやってきて、それらの品に割引シールを貼っていました。
今日も頑張って下さいと店長が言ってくれたため少し嬉しかったです。
10時になりお客が少しずつやってきたため、レンジの所で待機して、いつ声をかけられても大丈夫なように準備しました。
ただ、お客の大半は薬品ではなく食品のほうに移動するため、暇を持て余してしまいました。
ですが、お昼に入ると急にお客が増えたかと思ったら、私の所へ風邪薬や花粉所の薬を持ってくるお客が来ました。
お客からお金を受取ってレジに入れ、お釣りを渡しました。
食品のレジを見るとお客で渋滞していたので、すぐにそちらのレジに入って手伝いを始めました。
30分ほど経つとお客が減ってきたので安心しましたが、今度は薬品のレジにお客がいたため、急いで戻りました。
すいませんとお客に謝ってから、レジの対応を済ませました。
後で店長が教えてくれたのですが、平日のお昼は仕事の休憩時間にあたるので、いつも忙しいそうです。
1か月ほどすると、夫は元気を取り戻し再び働けるようになりました。
私は時給も良かったため、まだしばらくの間は、ドラッグストアで働きたいと夫に言うと、喜んで承諾してくれました。
沢山稼いで家族を楽にさせてあげたいと考えています。

子供の学費のため、生活のために薬剤師資格を活かして働きたい / 時給がいいドラッグストア、しばらくはこのまま続けてみようと思います